財布を開けすぎる日本人。

a0090996_11382974.jpg


お金がなくても平気なフランス人お金があっても不安な日本人」という本を読んでほほうとなった。

同じタイミングで財布を買っても、日本人の方が早くダメになるという話。
ようするに私たちの方が財布の出番が多いからということなのだけど、
確かに!と納得してしまった。
ここ最近、ちょっと出かけるたびにいろいろと買い物をしていて、
なんともお金の減りが早いこと...としみじみ感じていた。

今まで、どこかに買い物に出かけて、
いいものが見つからなくて手ぶらで帰る時、
なんだかせつない気持ちになって、
せっかく出かけたのに何も買わないなんて、と
時間を無駄にしたように感じていたのだけど、
それは、必要ない感情だったな。

ほんとに欲しくて必要なものだけ、手元にあれば充分幸せなのよね。
昔、ある人から
「パリの女の子なんて一人もブランドバッグ持って歩いてないんだよ。
 ただのトートバッグだって、あの子たちが持ってるとなんか絵になってかっこいいんだよな」
と言われたことを思い出した。

基本的にブランド志向はあまりないので(というか高くて買いたくない)
改めてそう感じた。

パリの高級ブランドのお店で並んでまでものを買ったりしてるのは、
だいたい外国人で、
「何色でもいいから今買えるケリーバッグをちょうだい」
なんて言ってしまう日本人は恥ずかしいと思った。
君にはこだわりがないのか?と思われてるんだろうな。

人それぞれ価値観は違うけど、
フランスの節約の仕方って好きだなと思った。

私たちはちょっと見てくれや、周りのことを気にしすぎてる。
今度友達のうちに遊びにいく時は、
家にあるもので何かお菓子を作って持っていってみようと思った。
(そういうエピソードがあったのです。あはは単純)
[PR]
by smoke24 | 2007-11-28 11:51 | 徒然小ネタ


ねこ渇望中、誰かねこを…


by smoke24

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ

Twitterはじめました。
▼まとめ読みはこちら
・ twilog/sumitomisa

手芸ユニット「ねこと文鳥」として、布カバンや小物を制作しています。

ときどきお店やってます。
Handmade shop::ねこと文鳥::

exciteアトリエにて作品レシピ公開しています。

※相方文鳥嬢のブログ
小鳥のさえずり

※コメント大歓迎。いろいろ情報交換できたら嬉しいです。

※ここの写真は無断利用禁止です。

ファン

ブログジャンル

画像一覧