いまさら結婚式の話(衣装編)

神社でやるならもちろん和装。
白無垢って似合いそうもないし、重たいし、
カツラはかぶりたくないし、
唯一行った如水会館のブライダルフェアで着させてもらった
打ち掛け(あんみつ姫みたいな真っ赤)は、
アホの子みたいに似合わなかったし
(シュールな写真があるので、興味があるお友達はお声掛けを)
お色直ししたくないし(ウエディングドレスに憧れが一切なかったわけで)と、
自分のキャラと暑さにとことん弱いところを踏まえ、
ほかよりは身軽に着られるであろう「黒引き振袖」を選びました。

旦那氏は、友人にまるで私服のように着こなしていると
褒められるほど似合っていた(笑)羽織袴でした。
(記述が少なくてすみません、でもとにかく似合ってたので良しとして欲しい)



まずは、神社提携元の
いい着物が安いと言われていた浅草の呉服店へ(6月初旬)。
衣装選びは、普通は半年以上前からするらしくだいぶ遅れをとってます。
今日決めるぞ!くらいの勢いで行ってみたら、
黒引き振り袖は、3枚しかありませんでした…

a0090996_187839.jpg

こんな感じ。

左から鶴に松と、とにかくめでたいけれど極道の妻みたいになるのと、
斬新な色合わせで大正ロマン?不思議ちゃん?みたいなのと、
総刺繍でいい柄で仕立てもよいが、
裾が中途半端な引きずり具合で、何より袖が7分丈という、
大柄の私にはどうにもサイズが小さいものの、3枚。
これらがどれもレンタルで2○万すると言われてもちょっと。

「長身サイズとかLサイズとか大きいのじゃないとだめね。
 例え、ちょっと痩せたとしても… ●●さん(旦那氏)は何でも似合うけど」

とか母にいじめられ、意気消沈して帰宅。
思えば、朝からひどいお腹の下し具合で(失礼)
ここはなしだよと教えてくれていたのかもしれません。


そこから焦って別の提携元の超大手っぽいところへ電話。
長身サイズの着物は、4〜5枚。
黒引きは、普通サイズも含めて60枚くらいあります!と言われてひとまず安心。
すぐにでも予約をとろうとしたら、3週間先までいっぱいですと言われて、
さらに焦る。

まあ、焦ってもしょうがないかとすぐに持ち直して、
7月上旬に予約をとり、新宿まで行ってきました。
入ってみて、ドレス選びにきているカップルの多さにおののきました。
ざっと、15組くらいいたのでは、
何より、ドレスだと、試着するのにも時間がかかり、
直前まで何度もサイズ調整をしたり、
小物選びやお色直しのカラードレスを選びなどもろもろやるから、
何回も来なくちゃいけないらしい。
さらに、新郎新婦別々の日にやったりするみたい。

その点、和装選びは楽だった。
好みの雰囲気を伝えたら、担当の人が何枚か持ってきてくれて、
それを服の上から羽織って、試着用のマジックテープがついた帯をするだけ。
ざっくりだけど、これで十分わかる。

a0090996_188993.jpg

5枚くらい持ってきてくれて、どれも表情いろいろ。

左からなんだか異様に寂しい余白が多いの、
無駄に豪華だけどバラバラした印象があるもの、
正面は、キレイなんだけど、後ろ姿が微妙で鶴と梅に脈絡がないもの、
そして、旦那氏がうつり込んでいる一番右のもの、
これ牡丹の花がババーンと派手なんだけど、
柄の配分がよくて。顔にもあって、自分でも、一番気に入り、
一緒に行った母も旦那氏も店員さんもいいね!というので、
満場一致でこれにしました。追って大きい画像はどこかで。

和装は、帯や草履など小物全般セットなので、
ほかに決めることもなくあっさり決まった。すごく楽。
しかも、式場との提携割引で新郎新婦衣装込みで、
20万以下というお手頃感、拍子抜けしてしまった。
(これ本当に手頃なんですよ、ドレスの高いのなんてもう…)

気になっていたサイズは、特に問題なく、
長身サイズじゃなくても、いけました。
どうも、こないだ着た着物は、歴史があるものだったので、
基本的にサイズ感が小さかったらしい。

あとは、料理とか招待状とか決めていきますー。
その辺は、さほど書くこともなさそうなので、
今度は引き出物の話でも。
[PR]
by smoke24 | 2010-11-26 09:18 | 結婚


ねこ渇望中、誰かねこを…


by smoke24

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お知らせ

Twitterはじめました。
▼まとめ読みはこちら
・ twilog/sumitomisa

手芸ユニット「ねこと文鳥」として、布カバンや小物を制作しています。

ときどきお店やってます。
Handmade shop::ねこと文鳥::

exciteアトリエにて作品レシピ公開しています。

※相方文鳥嬢のブログ
小鳥のさえずり

※コメント大歓迎。いろいろ情報交換できたら嬉しいです。

※ここの写真は無断利用禁止です。

ファン

ブログジャンル

画像一覧